描いて発揚を植えるのも日本の技術で同様に表を作成する商達が比較的鑑賞するです

このような中国に起源して、発揚するのも日本の技術で同様に表を作成する商達が比較的鑑賞するでした。植えるのは描く漆の技術の技法の中の一つで、中国の伝統の漆器の技術が日本に入って来る後から、奈良で時代形成して発展します。技術を描いて簡単なことを植えるのは金、銀のくずでペンキの中に加入するので、乾燥していたのを待った後に全ておして処理をして、金銀の色合いを表示します。このブランド時計コピーような技術があらん限りの力を尽くすのが豪華で、かつよく螺鈿、シルバーラメで花鳥の草や昆虫を題材とする中国画あるいは吉祥模様をはめ込みだします。

多い表を作成する商の中で、バセロン・コンスタンチンとショパンは比較的このような芸術を心から愛するのであるべきです。以前はの《バセロン・コンスタンチン:この老舗がなくて、最も良いのを作れないで表を描いて》は1文の中が紹介したのを植えて、バセロン・コンスタンチンはと絵名店の京都を植えて3年の協力中で彦に似ていて、梅、水の中に緩い竹物、雪の月の派手な腕時計を出しましたと。

ショパンもひとつのが東の西洋文化を解け合う表を作成するブランドに行うなことが好きで、中国の12生まれ年はショパンの常連を言うことができて、前の辰年、申年の腕時計から、また今年の酉年の腕時計まで(に)、スイスの表を作成するショパン、中国の12生まれ年を日本のが植えるで技術に描いて現れて、本当にの古今東西の文化が大いに解け合ったそうであるべきです。

毎年なくてはならない生まれ年が腕時計を紀念する以外、ショパンは以前出したのL.にいますU.C XPUrushi腕時計、植えて技術の十分に現れる腕時計の作品を描くなでしょう。島国の国宝級漆芸大家増村の紀と一郎(Kiichiro Masumura)は作って、金の粉が飾って日本皇室の用いた山田の無事な堂が完成するでした。

Urushiは日本語の中でも“漆”に文章を書くことができて、漆器の使った生ウルシ、ウルシの中でから獲得して、ショパンはその時に一気に9モデルの漆に腕時計を描くように出して、9つの異なるテーマを利用して包装しに来ます。その中も中国の神話の伝説の中の5匹の賢いけものがかなりあって、残っている4モデルの中で、第6モデルの時計の文字盤のテーマが夜空以外、3モデル残るのは別れるクジャク、金魚とジャングルです。