バセロン・コンスタンチン:同一の時計の文字盤、3種類の異なる解釈

Metiers d’Art芸術の大家のシリーズCopernicuscelestialspheresコペルニクスの天体ボールの2460RT腕時計はバセロン・コンスタンチンの芸術の大家達が並外れている創造力の証拠を持つのです。芸術の大家達は3モデルの異なる時計の文字盤を設計して、同一のテーマに対して3種類の異なる方法の解釈を行いました。霊感を飾って17世紀のオランダと―ドイツの製図師のアンドレの亜この・栓のラリーと烏斯(AndreasCellarius)の図画の作品から源を発して、有名なカラーの星空図《調和がとれていて大きい宇宙》(HarmoniaMacrocosmica)は同様にその手に出て、華麗なパロックの風格を現します。

このシリーズの時計の文字盤は2つの明らかに異なる部分から構成します。楕円形の中央が扮して1つの手製で彫刻したピンクの金の太陽の顔があって、外側のコースの円盤は3種類の装飾の技術を採用しました。2つの円盤間の一サークルの非常に細い橢円軌道に位置して地球の公転を展示するために空間を提供しました。地球は1つの直径を採用して6.8ミリメートルの小型の金の質の小さくて突き出ている円盤だけあって、そして青とバートの円錐図法法によって北半球の視角の大陸の地図を制作しました。