ショパンは金のシュロの高級な真珠や宝石に出会って開会の盛典を展覧します

高級の時計の真珠や宝石のブランドChopardショパンは北京でSKP一層の中庭はChopardショパンと金に出会うシュロの高級な真珠や宝石の展覧する開会の盛典を催しました。イベントの現場は中国の有名な映画スターの劉涛と多いメディアの友達の賓客を招請して共にChopardショパンのジュネーブの真珠や宝石の労働者の坊からの高級の真珠や宝石の作品を与えて、これもショパンの初めての中国がカンヌで見得赤い毛布を展示してことがある上の高級な真珠や宝石です。

今回のイベントはChopardショパンを招請して総裁兼芸術の総監督のキャロライン・捨費爾(CarolineScheufele)、Chopardショパンのアジア太平洋区の最高経営責任者StephanRizmann先生を共同して、Chopardショパンの中国地区のマネージャーTassoVonBerlepsch先生、北京SKP常務の副社長の盧雪梅レディース、および中国の有名な映画スターの劉涛は現場にご光臨して、イベントのために開幕してテープを切ります。

イベントの現場の劉涛の全身の黒色の身なりのはなやかな全体、Chopardショパンの高級の真珠や宝石のシリーズのイヤリング、指輪とネックレスをつけて、一挙手一投足の間、優雅な自信の風格輝いているChopardショパンの真珠や宝石と互いに引き立て合う成彰、観察するによって、その手首の間でつけたのはショパンのダイヤモンドの腕時計のシリーズの139419―1001腕時計であるべきです。

金のシュロ賞はカンヌ映画祭の標識で、Chopardショパンと映画界の皇帝の盛大な事の間の不朽な橋梁を結びつけるです。

Chopardショパンは総裁を共同して兼ねて総監督のキャロライン・捨費爾を設計します(CarolineScheufele)

1997年、映画祭の主席のピエール・維のオーストリア(PierreViot)の厚情でおりるのを招待して、Chopardショパンは総裁を共同して兼ねて総監督のキャロライン・捨費爾(CarolineScheufele)を設計して改めてそしてカンヌ映画祭の最高に成し遂げる金のシュロに席を表彰するように代表するのを作りを設計して、全世界の最も富む高い名声のカンヌ国際映画祭とChopardショパンは今なお19年続く不朽の縁に結んで下きたのについて。2014年にこの伝奇的な賞の席は初めて“公平な採鉱”の認証する金の原料を獲得して見得を切て、これもChopardショパンの“持続可能な発展の贅沢品の道”(TheJourney)を代表していて1つの重要な全く新しい段階に入りを計画します。これで、金のシュロ賞は最優秀映画を代表しているだけではなくて、最優秀金銀の技術の作品の手本をも代表しました。