Chronoswiss瑞宝は航海するクロノメーターを霊感にします

18世紀末、“標準の時計の指標皿”の精密な振り子時計があって天文台で現れて、そして航海するクロノメーターで運用します。時計の針のが放置して非中央の設計を採用するのに揺れ動くため、そのため時計の針の覆い隠しのため分針の表示に見えないをの免れることができます。

1988年、Chronoswiss瑞宝は航海するクロノメーターを霊感にして、3針の一筋のRegulator時計の文字盤の配置を設計して、中央のポインターは分を指示して、時計の針と秒針を分けて時間の装置を指示する置いて、3針の根が分立するため、運行する時お互いに邪魔することはでき(ありえ)なくて、正確率も大いに高まって、この設計は今後ブランドのすばらしいタグになっています。

2016年、瑞宝はこの設計に続いて、そして時計の文字盤設計の上で大胆に新機軸を打ち出す、時計の文字盤上でただ1つの碁盤の紋様の図案が骨董のバラのエンジンの丸くない真珠に源を発するのが彫り機械、を彫刻する瑞宝の時間の廊下の時計の文字盤の仕事部屋から単独で完成を設計したのです。新しい工夫をこらす設計はこのクラシックの3針の一筋の腕時計が新入生を迎えたのを宣告して、そして進んで全く新しい紀元に入ります。