シチズンのつやがある運動エネルギーの40周年の巡回展は上海に見得を切ます

1976年にシチズンの第一モデルがクォーツ・ウォッチに太陽エネルギーをしを動力のポインター式にして発表されるから、つやがある運動エネルギー技術はすでに40年に歩いたことがありました。このが一里塚の意味の1年がありためを祝う、シチズンは全世界の七大国際空港で“Eco-Drive Lounge”のテーマの巡回展を催します。ドバイ、シンガポールを継いだ後に、巡回展は12月に正式に中国をログインして、上海虹橋空港で2番の航行がビルの飛行機待合室に立って1ヶ月の展を期間にするのを始めました。

20世紀の70年代中期のエネルギー危機時代、シチズンはつやがある運動エネルギーのコア技術を研究開発して、いかなる可視光線を吸収するを通じて(通って)、自然でつやがあり人造の光を含んでと、電気エネルギーに転化して腕時計の運行のために長い間続く動力を提供します。40年来、シチズンが絶えず革新を突破して、技術の国境に広く開拓して、出したのが一連で更に細かくて薄い、更に精巧だ、更にしなやかなつやがある運動エネルギーの腕時計、恐らく適切な世界にもっと良くならせた各種を探求して創造します。

シチズンEco-Drive Oneつやがある運動エネルギーは40周年特に腕時計を紀念します

つやがある運動エネルギーの40周年のテーマを結び付けて、今回の“Eco-Drive Loungeの”全世界のテーマの巡回展の上海駅の設計は今年のバーゼルの時計展の上のアイデアの概念をそのまま用いて、金のお金の色のチップの図案を背景にして、シチズンが現れてピントを調整します時間の未来との思考。

つやがある運動エネルギーの誕生40周年を紀念するため、シチズンのまた(まだ)出したのは先進技術の逸品の腕時計に一連で独特のものがあってと、今回の巡回展の中でも次から次へと見得を切ます。Eco-Drive Oneはつやがある運動エネルギーが40周年特に腕時計を紀念するので、チップのすべての部品とに対してを通じて(通って)経って改めていまだかつてない超薄の体験に設計し実現したのを作ります。