フィギュア・スケートのスポーツ選手の羽生は弦を結んでシチズンの中国内陸と香港とマカオ地区の代弁者を担当します

ひとつのは絶えず腕時計の領域の新しい国境の有名な腕時計のブランドを開拓するので、1人は絶えず記録を破る“氷上の奇跡”です。2019年8月、シチズン(中国)の時計有限会社は宣言します:世界に名が知れているフィギュアスケーターの羽生は弦(所属:ANA)を結んで正式にシチズンのブランドの中国内陸と香港とマカオ地区の代弁者になります。シチズン(中国)の時計有限会社の理事長兼社長の住川と竜の夫先生は現場と羽生に自ら臨んで弦を結んで契約します。

1982年今なおから、シチズンはすでに連続37年国際スケート連合()を賛助しましたInternationalSkatingUnion、ISU。フィギュア・スケートは一つの集技術と米一体なるスポーツプロジェクトです。シチズンは専門の総合腕時計メーカーとして、ずっと“技術と美しい融合”の製品を受けてその通りにしていて理念を研究開発して、融合を持ってきて全身の腕時計の製品で科学技術と精巧で美しい設計を革新するのに力を尽くして全世界の人々になります。今回羽生を契約して弦を結んで、フィギュア・スケートのスポーツの上再度深耕と重要な1歩でシチズンもです。シチズン(中国)の時計有限会社の理事長兼社長の住川と竜の夫先生は思います:“羽生は弦を結んでフィギュア・スケート運動する中現れ出たのずば抜けた技芸とで絶えず自己の精神に挑戦して、みんなのために本当にの米を持ってきてと感動して、これはシチズンのブランドの理念の最優秀イメージが現れるのであるでしょう。”

羽生は弦を結んでも表します:“シチズンは1つの値打ちがあり尊敬する百年の腕時計のブランドで、とても光栄にシチズンの中国内陸と香港とマカオ地区の代弁者になることができます。”羽生が弦を結ぶのは今の世界の優秀なフィギュア・スケートの男子のシングルスケーティングの選手の中の一つ、冬季オリンピックのフィギュア・スケートの男子のシングルスケーティングのチャンピオンです2期連続して。中国にも広範な影響力と巨大なファンの基礎を持って、“氷上の高い若君”、“氷上の奇跡”だと誉められます。

ここ数年、種類のスケートの中国での普及率は次第に高まって、2022冬季オリンピックのが接近するのに従って、フィギュア・スケートのスポーツも力強い発展の勢いに現れ出ます。シチズンはずっと中国社会の共同発展と重視して、努力して現地の社会のために貢献をすることができる経営活動を展開して、そしてずっと企業の公民の社会の責任として自身を堅持します。シチズンからすると、スポーツ試合は多くて優秀なスポーツ選手に集まって、試合がやはり(それとも)スポーツ選手を選んでブランドの代弁者になりを賛助するのなのにも関わらず、すべてシチズンがこれらに精神のスポーツ選手の1つの重要な部分を突破するのがあるように支持するのです。

“誰なのにも関わらず、どんな成績を得たのにも関わらず、すべてずっと未来依然として世界にもっと良くならせた可能性がありを信じて、今初めです。”これはシチズンのずっと堅持するBetterStartsNowのブランドの理念で、スポーツのスポーツ選手達のしっかりと守る信念もです。シチズンと羽生は弦のを結んで手を携えて、共に種類のスケートを広めるのレプリカ時計を、もっと多い中国の氷上スポーツの愛好者に“技術と美しいの”の盛大な宴会を感じさせます。