タイ格HOYAのモナコのシリーズの腕時計とCalibre11チップの50年の歴史を振りかえります

1969年3月3日、ずっと創始者の名字Heuerでブランドの名称としてHOYA(HOYAになって、後変えてTAGHeuer)モナコのシリーズの腕時計のニューヨークとジュネーブと同時に行う記者会見の上で出す時、全世界の記者と腕時計の熱狂的なファンは全部このために驚嘆します。この斬新なハーフバックの佳作、業界のめったにない四角形の防水時計の殻と大胆で恐れることがないシンボル的だ設計に頼ってきわめて高いのを獲得する度を知っているのを弁別します。

腕時計設計もこの社のスイス前衛の表を作成する商のその時代表した先進技術のすばらしい注釈に対してです。HOYAのから販売のCalibre11を研究開発するのはその時世界で珍しいのが自動的に鎖の時間単位の計算に行ってチップを表しを積み重ねたのです。

HOYAのその時の最高経営責任者のジャック・HOYA(JackHeuer)は思って、大幅な革新は当然人目を引く設計によく合うべきです。モナコのシリーズは正にこのようにするです。1971年、スティーブ・麦の昆(SteveMcQueen)はモナコのシリーズの腕時計の出演する映画《きわめて速くすさまじい暴風》(LeMans)をつけて、この時に計算してスクリーン上で大いに異彩を放たせます。

The Paradoxical Superstar

20年来向こうへ行って、モナコのシリーズと高級の時計の領域の関連はとても密接で、たとえばこのシリーズはいくつかが新型で複雑な機能、設計と材料のがあって不一致モデルを表しを出しのタグホイヤーコピーでことがあります。進展変化する過程の中で、モナコのシリーズは受けてその通りにして精神を革新して、それを名声が遠くまで聞こえてすこぶる絶大な支持を受けさせます。新しい本《ParadoxicalSuperstar》はこの代表的作品の全体のストーリを述べて、書類が設計とチップの略図を抜き書きするのをおよび含みます。イギリスの作家と記者のニコラス・フォークス(NicholasFoulkes)、腕時計の専門家のジェスとバート・布の同類の刺し縫いする(GisbertBrunner)と米国の作家のマイケル・クレイと利沢(MichaelClerizo)は皆文章を書きに参与して、モナコのシリーズのを記録して革新を伝承しますと。モナコアルルの貝の2世の親王殿下(H.S.H.Prince AlbertII)はこの本のために序文を書いて、モナコのシリーズとその同名の都市の密接な関連を肯定しました。