知能腕時計の未来の発展の見込み

アップルの“iWatch”

アップルは公布の自分の知能腕時計の名称がないが、しかし外部は普通は“iWatch”と称します。多くの人はすべてiWatchがアップルの主流の製品とサービスと完璧に互換がありを実現することができると思って、iTunesなどを含みますiPhone、iPad、Macと。もしもあなたはすでにアップルの生態システムを使って、それではiWatchは確かに良い選択です。

前アップルの従業員BruceTognazzini推測、iWatchはとても有り得すべての暗証番号に取って代わって、その上もっと良くあなたのiPhoneを保護することができて、携帯電話と知能腕時計の距離がある範囲を超えるのでさえすれ(あれ)ばのため、知能腕時計は警報を出してヒントを与えます。

以前は語りを報道するいくつかのメディアがあっのでことがあって、アップルはすでに1本の近い百人の開発チームを創立して、専門的にiWatchを研究して、その上アップルが今年にiWatcを発表すると語る情報がありますh。

Googleの知能腕時計

Googleの知能腕時計はとても恐らくGoogleの製品ととと関係があるサービスしてすきまの互換がないをの実現するあります。たとえばあなたはGoogleテレビを通じて(通って)番組を見ていて、知能腕時計を少しクリックして台をかえることができるのでさえすれ(あれ)ば、あるいは音声を通じて(通って)少し言います:“チャンネルをXまで(に)切り替える”は。Googleは2012年に知能腕時計の関連の特許技術を獲得したことがあってことがあります。今年1月の時に文章を発表するメディアがあって、Googleが確かに自分の知能腕時計を研究開発していると語って、しかし具体的な細部を公表していません。
Googleの知能眼鏡とたいへん似ていて、知能腕時計がもしかするとナビゲートを備えて、電子メールなどの機能を受領・発送するのと情報を検索します。このようなGoogleの知能腕時計と知能眼鏡は機能の上にわりに大きい重複が存在して、だから大部分のユーザーはGoogleの眼鏡とGoogleの知能腕時計の中でひとつの選びます。

サムスンの“GalaxyAltius”

報道によると、サムスンはブルームバーグの漏れにモバイル事業の専務取締役の李永煕(LeeYoung―hee)の今週火曜日を担当してことがあります:サムスンの知能腕時計の機能会とスマートフォンがたいして違いません。サムスンにかんがみてGoogleの最大のAndroidパートナーで、だからサムスンの知能腕時計がAndroidシステムを使いを信じる理由があります。それなら、サムスンの知能腕時計はサムスン所属の大部分の携帯電話と互換がありを実現します。図は下うわさの中は“GalaxyAltius”の知能腕時計といって図を断ち切ります。

アナリストのゴアと文は指摘して、現在のところの情勢について見に来て、知能腕時計はただそれぞれの会社の生態システムの中の1つの重要ではない部品だけです。もしも携帯電話機能はもう少し強大で、その上携帯電話と携帯電話の間のインタラクティブ更に手っ取り早い話、知能腕時計の価値は更に明らかです:知能腕時計はスマートフォンの1つのユーザー・インターフェースとして道具を制御するのと存在することができます。

Googleの知能眼鏡と知能腕時計に言及する時、ゴアと文は表して、Googleの眼鏡は知能腕時計に比べて更に科学技術があって力を転覆します。