ETAは産して品質、助力グループの内でブランドを高めるのを訴えます

“通常、ローエンドのチップは原材料を使っても人力、物資を使いました。かつまだグループのために大きな額面の利潤を持ってくることができません。”曹維峰は資産管理に週刊新聞を記者を教えて、“そのため、グループの外でブランドの販売量に対してETAチップを減らして、必ずETAチップの生産高を直接統制して、減産した後にもっと多い力を引き上げのチップの品質の上で置くことができて、それによってもっと大きくスウォッチグループの内部のいくつかブランドの発展を支持します。”

曹維峰の観点はスウォッチグループの2012年の財務報告の中で実証を得ました。年報は表示します:ETAは工業と技術の方面の競争力を引き続き強化します。未来にスウォッチグループ所属のブランドの成長するのがと特定の製品の能力を高めるのを確保します。

スウォッチグループ所属の中級品の腕時計のブランドティソもC01チップのようだ自分で作るチップの能力、があります。部品の数量にとって、市場ETAチップに比べて要するのは少し少なくて、価格も比較的安くなります。しかしそれは有効に機械の磨損を減らすことができて、腕時計の部品の寿命に増加します。

それでも、ティソとETAの結合はそれ更に1歩進めます。ティソの最新の出す機械動力の80チップはティソとETAの協力する結晶です。

伝統の機械的な腕時計は通常1つのぜんまいの箱を持って、いっぱいな弦の後で36時間の動力を保存して、これが持ってきて期日と時間が頻繁に学校の悩みを加減します。今回、ティソとETA研究センターは伝統のぜんまいの構造を改善するを通じて(通って)、全く新しい構造のぜんまいの箱を設計して、チップのエネルギー備蓄物を高めて、それによって驚異的な80時間に達しました。

双方はいっしょに努力してチップ精密で正確だと動力のメモリーの方面の性能を新しい極限まで(に)おして、ティソの政府は“機械動力の80チップ”がティソの今年のバーゼルの上の主役になると表します。