CASIOカシオの独創性がある日本の伝統の技術

CASIOカシオは今回再度招待に応じて新作見得を切るのを携えて、独創性がある日本の伝統の技術を展示した、きんでている品質、先端の科学技術、モダンな設計と更に便利な操作体験。今回の展示に参加するテーマは“Absolute.です Evolutionary. Distinctiveは”は(無限で、進化して、卓耀が)が非凡で、カシオは絶えず個性の需要の重要とするオリジナルな設計で求めて、十分に電子の科学技術の無限な潜在力を利用して、およびメーカーの匹敵するべきものがない実力として、と恐らく訪れて、腕時計の未来を創造するのに努めます。

今年、カシオのホールは“甲冑”を霊感の出所にして、文化の内包の設計と現代化の科学技術の極致を満たしてまじるでしょう。展会上、カシオは主にG―SHOCKブランドのハイエンドのシリーズMR――新型を展示してG、MTG、GRAVITYMASTER、ハイエンド金属のポインターはOCEANUSブランド、―GとSHEENブランドを表およびEDIFICE、PROTREK、BABY。“信頼できて、楽で精密に正確だ”の方法で時間を記録して、カシオは伝統の考えの極限を越えて、腕時計の大胆な突破に力を尽くします。