木の紋様の瑪瑙:億年の時間、自然な印

木の紋様の瑪瑙の35ミリメートルの頃の小針皿J005003577

木の紋様の瑪瑙は樹枝状のしわあるいは蘚苔形の筋模様(木の紋様と称する)の石の髄を含んでいるのです。それはブラジル、インド、マダガスカル、米国、メキシコとカザフスタンに分布します。ロシアの有名な真珠や宝石の大家のカール・法の貝の暑い(Carl Fabergé)は勝手にこのような宝石を使ってダイヤモンドとそれの宝石によく合います。ロシアで、このような宝石の寓意は長寿で、安泰で繁栄していて、きわめて尊重を受けます。