金(さん)の潜む水道のメーターの盛んな刺し縫いする海の近頃新しく行ったのPAM684

赤い金の684がダイビングが単に材質の問題のためであることに適しないと言って、ぶつかって摩擦するたぐい強さの比較的弱い貴金属にとって嫌な損失のがあって、甚だしきに至っては盛んな刺し縫いする海の逸品の店鋪の販売員さえ専門級の潜水夫につけるように提案しないのを反映するネット友達があって、転じて彼らにステンレスののPAM682を推薦します。

このように見たところ、このオメガコピー時計はただ日常の潜水するのに都合が悪い買い手だけに適合して、それにの誇張するのは表面はまるで晩餐会に持って行くことができて、優雅な控えめの赤い金の材質に見えるを除いて、42ミリメートルの表す殻まで(に)も更に日常であることに適してつけるのを減らします。どうしてすべてこのようにまた(まだ)潜む水道のメーターの様子を構成するのとなるとですか?別に名実相伴わなくなくて、まさか潜水しないでダイビングをつけて表すことはできませんでしたか?これはほとんどバスケットボールをしないでバスケットシューズの論理を着るのに等しいことはできないので、だから今回、盛んな納海更のために生活の改良するのを近づけるのが素晴らしいです。

やさしい表す殻が声がかれてつやがある黒色の時計の文字盤と大きいサイズを結び付ける時ポインターを表示して、高いコントラストのを提供するのは同時に見たところとても流行していてもで、また黒いベルトをつけて甚だしきに至っては株のやさしい心の鉄のような男の味があります。実は本当の臓物も、それとも100メートル以内の問題が大きくなくて、もちろんやはり(それとも)このように提案しないで、本当に進水してそれをつけていて絶対にきらきらの目を強います。

行為の“盛んな刺し縫いする海3日自動的にチップの新しい標準”のP.を搭載します9010の自動チップ、Submersibleのクラシックの機能の配置は依然として変えないで維持します:9時の人の小さい秒の皿、3時のカレンダーの窓。しかし全体は上1世代よりもう少し薄くて、200の素子、31のルビーを含みます。最もすばらしいのはやはりやはり(それとも)1秒の装置を止めて、急速に標準時区を切り替える時時計の針が少しもただ分針に影響しないだけを加減して、精密で正確な度がもっと高いです。

さすがに新しいチップで、個が辺鄙ではっきりしていいつもきわめて良いのがあって、惜しい添え板の阻止する部分が多すぎて、しかし幸いに上の隅を左右してやはり(それとも)両ぜんまいの箱とエスケープのまで(に)ちらっと見ることができます。

赤い金のPAM684は値段を付けて26になって、700ドル(183、362元)、ステンレスのPAM682は値段を付けて8になって、700ドル(59、747元)、二者は材質が基本的で配置するのが同じだを除いて、日常つけて前者を選んで、専門の下で潜んで後面像を見ます。