アントニウス・聖人の艾修の百里

この身長のシリーズは2006年に誕生して、意味(意図)はフランスの詩人兼パイロットのアントニウス・聖人の艾修の百里の(Antoinede Saint-Exupery)に向って敬意を表して、各位の兄貴が第二次世界戦争ことがあるで時空軍のパイロットと独軍がちょうど正面だとして、1944年7月31日にP―38の電撃的な戦闘機を運転していてフランス南部の占領区の上空の実行に任務を捜査したのを行った後に便はまた情報がなくて、2003年までマルセイユ近くの地中海の中で戦闘機すくい取る残骸を打ちます。

結果表の辺鄙な便がたいへん時節に合って“密な底のロッキードP-38の電撃的な戦闘機の図案のモデル”/に分けて刻む“A字母のが実情を伝えるモデル”があって、自身ただすばらしい戦闘機の型番、これに加えて英雄はそれに悲壮な戦争の色を与えて、そのファンのロレックススーパーコピー慰謝だに対してと言えます。

しかもこのシリーズはずっとアントニウス・聖人の艾修の百里の基金会と慈善を持っていて協力して、一部のこのシリーズの販売の収益は基金会とパートナを贈って組織するでしょう、全世界範囲内極めて悪くて、困難な環境の中の青少年のために助けを提供します。

このシリーズは1モデル少し悲惨色の“小さい王子の特別な版”(IW502701がまだあって、250制限して値段を付けて、でも、238000元)は今回happyendingを迎えて、店のいっぱいな米国化の星の上で立って、恐らくこの中に彼のいつも心にかけているあの小さいバラがあります。