今、“時”は名まで(に)帰ります

2016年10月17日、神舟11号(日)酒泉衛星発射センターの発射が打ち上げる、レールの運行の天宮の2番の空間実験室と載人交会のドッキングを行う、そして“天上の神”のアセンブリ中で、生活の仕事30日。同時に、神舟は11号(日)宇宙飛行士は亜宇宙の仕事用に達して日常の仕事の時間単位の計算の道具として表しを飛びをつけて、宇宙飛行の旅を伴って記録して、15分ごとにのを銘記するのが光り輝きます。

1枚の陀はずみ車腕時計、すべて人類を満足させるのために極致の渇望を求めます;まさに人類の宇宙に対する探求のスーパーコピー腕時計ようで、永遠に止まることがありません。2016年、亜達してまた宇宙飛行のシリーズの新型を鋳造するのを飛びます――神舟は11号(日)陀はずみ車の腕時計を紀念して、神舟の11号(日)の有人宇宙飛行の誉れの時間を紀念して、この腕時計は110制限して発売して、今、“時”は名まで(に)帰ります。