ショパンL.U.C XP Urushi金のブタは植えて腕時計を描きます

ショパンは日本をスイスの表を作成する技術を描いてと結合に植えて、腕時計の上で楽しみの金のブタのイメージを製造しだします。まろやかで潤いがある金(さん)のブタは入り乱れている森林の中で漫歩して、寓意は新しい1年は楽しくて豊かです。この1枚の光景、使用するの古いUrushi漆の芸で、原料はウルシ1年一回、きわめて少量の採集の樹脂の中から抽出して来るので、厳格できめ細かい労働者法を通して、盤面の上で色の入り乱れている図案を制作しだします。

この図案の富む漆面の立体感、輝いていて、さらに図案の段階が変化するのを見ました。2針の設計がシンプルで、主客転倒になることはでき(ありえ)なくて、図案の生き生きとしているのを出しをはっきりと示します。