本当に力のある時、腕の名月を選ぶ

北半球の秋楽は夏の末の乾燥を押して、満ち足りた円月を見極める。星の輝いていて、月は真のように、空のように高くなって、外での遊子を催促して、故郷に向かって走り回って、だんだん遠くなる人の心をご挨拶して、もう一度抱きしめてください。光陰の針は銀装の表盤を滑るように滑って、一度また一度の分離後の団欒のように、また躊躇して心の底に出たことのないあの思いのようだ。無言の美しさ、歳月をかけて、鼻の先があなたのたばこの香りをめぐって、あなたの最も愛の曲を耳にしていた……。露は、今夜から白、月、故郷の明。

月と月の満ち足りた収入の腕の間を流れるために、百年の制表の歴史を超えたZhitHの真力はスイスのトップクラスの製表によって万千団円の家庭に傾して中秋の佳節をあげて、身振りを心がけています。心の底の感性と温かさを、実の時に思い起こす。秒を覚え、月を称して。